敏感肌だと化粧品がしみる?

今まで気にならなかったけれど、最近化粧品がしみるという症状が出ている方は、敏感肌になっているということが言えます。
やはり、乾燥が主な原因でもありますが、敏感肌になってしまうことで、どうしても化粧品などの影響を受けやすく、しみるということがでてきてしまうのです。

そこでおすすめなのが、敏感肌化粧水を使うということなのですが、低刺激であるということが記載されていたり、また無添加の物、オーガニック系のものということになりますと、さらに安心して使うことができます。
心配な方は、美容皮膚科などで相談されてみると良いでしょう。自分の肌に合ったものを使うことで、より効果的に保湿をしていくことができるようになります。

また、ケアの仕方としても、入浴後にはすぐに化粧水を使い水分とともに油分が失われてしまわないようにお手入れをすぐに行うということも重要です。しみることで何も使えないと、お手入れをさぼってしまったりしますと、さらに症状が悪化してしまうこともあります。ですから、優しい成分でできたもので保湿をしてあげながら、ケアをしていくということが重要なのです。
まずは自分の肌と向き合っていくことが大事なのです。

犬を遠くの部屋に移動して下さい

北隣の家は、家族2世帯の他に同居人がいるらしい。頻繁に人が出入りしている。
車も2台持っていて、親戚らしい人が道路の前で駐車しているのも見かける。

部屋数は沢山あるみたいなのに、他にもアパートの部屋を借りているようで、家を留守にすることが多い。
そんな時は、犬が吠え続ける。

私の家のエアコンは北側にしかないので、こんなに寒い冬でなければ南側に移るのだけど、今は仕方ない。
冬はお互いに窓を閉め切っているから、犬の声もあまり届かないのかもしれない。
more

一人で悩み出したらそれがサイン

優しい笑顔と言葉で近づいて来る人がいたら、やっぱりヘンなのだろうか。
そりゃあそうでしょう。自分がそうする時のことを考えればすぐ解る。
魂胆があるからでしょう。

でも、そんなことを滅多にしない私は、人に笑顔を向けられると、その人を好きになってしまう。
そして、途中で冷たい顔をされて、悩んでしまう。

人が良すぎるというか、人を疑わないところがあって、昔からよく「騙されないようにね」と忠告された。
more

笑顔の後ろに見えていた本心

妹が風邪をこじらせて入院した時、病院が近いこともあって、姪が私の家にやって来た。
彼女は、いつも冷静で、その時も微笑んでいた。
反対に、傍に立っていた旦那さんは、初対面に近かったのに、挨拶もしないで憮然とした態度だった。

その日から私は毎日、妹の病室を訪れた。
氷嚢に氷を詰めていると、向こうの方から、姪が「手伝おうか?」と声をかけてきた。
more

嫌いな人に笑顔を向けられない私は

会社の中に、とても好きな人がいました。
部署が違うのですが、いつもはクールなその人が、時折見せる笑顔にまいってしまったのです。

飲み会に誘われた時、その人が出席するのだとばかり思ったのですが、本人は欠席でした。
それなら、あんな風に誘わなくてもいいのにと思ったのですが。

会社の用事でメールをしたら、優しい言葉が添えられていました。
私を褒めたたえるような想いも綴られていました。

more

エアコンも寒さに耐えられない

台所で洗い物をしていたら、ゴーッという音がした。
水道ポンプが水をくみ上げる音かと思ったけれど、なんとなく窓を開けてみた。

どうも、エアコンの室外機のようだ。
近所から苦情がきてもおかしくない程の騒音。

今年から、冬もエアコンをつけることにしたのだけれど、もしかしたら負担なのかもしれない。
このエアコンを買ったのは何時だっただろう。

more

ボールペンにも色々あります

部屋の片づけをしていたら、机の引き出しに溜めこんだボールペンとマーカーがいっぱいあった。
銀行や証券会社のセミナーに行って、もらってきたものだ。

両方とも、なかなか無くならない。
文章も手紙もパソコンで印刷するし、そもそもメールやネット書き込みが多いのだから
手書きなんて、あまりない。

だから、両方とも、一生分たまっている。
時々、人にあげたりしているが、相手も要らないのかもしれない。

more

どうしようか迷った時は

明日の夕方、ある人の演説会があることを知った。
数年前にも一度行ったことがあるが、その時は、行きは知人の車に便乗させてもらって、帰りはバスで帰った。

その時も2月だった。
突然の誘いだったので、成り行き上の参加だったが、とても感激する集会だった。

今年は、とにかく寒い。
あの時は、雪がふっていたかもしれないが、それでも寒いと感じなかったと思う。

more

ドラマの犯人をすぐ忘れてしまう

遅めの昼食をとりながらテレビをつけると、「相棒」の再放送が始まった。
「season13」って、今やってるやつだよな。
1回見過ごした回があるので、確かめようと思った。

2分ぐらいして、もう見たやつだと分かった。
2分も経たないと解らないって、私ももう、ボケが始まっているのかもしれない。

それに、犯人が誰なのかも忘れてしまっている。
30分ぐらいして、やっと犯人らしき人を思い出したが、見ていて新鮮なのだから、自分でも呆れてしまう。

more

視界の中に急に人が現れるとき

テレビのニュースの中で、散歩をしている最中に老夫婦が車に引かれたといっていた。
私も道を歩いているときは、ギリギリに車が迫ってきても、向こうが避けてくれると思い込んでいる。
けっしてそうではないということを、今日、知った。

明け方で、まだ外は暗かったそうだ。
運転手は、こんな暗い寒い朝に、人が歩いているとは思わなかったのだろう。

見にくかった、ということは解る。でも、一人ではなくふたりだ。
運転手が全面的に悪い。
というか、油断をしていると、すぐ前に人が現れることを忘れてはいけないということだ。

more